背広の男の人

福利厚生を見直す|従業員のやる気アップ!

計画を立てる

バス

企業の多くは、団体旅行を行っているところが多くあります。団体旅行をすることで、親睦や交流を社員同士で深められますし、普段話さない上司とも話すきっかけを作ることができるでしょう。社員の団体旅行計画を立てる際には、旅行会社に行った方が良いでしょう。そこでは、社員旅行にふさわしいプランを紹介ししてくれます。自分たちで計画することもできますが、航空機やバス、ホテルなどの手配をするのは大変です。また、参加人数によっては断られてしまう場合もあります。そのため、計画を立てるのに時間がかかってしまいますし、業務に支障をきたしてしまう可能性もあります。そのようなことがないように、旅行会社に任せた方が良いでしょう。団体旅行をする法人向けのプランを取り扱っているところは多くあるので、実績や経験が豊富なところで予約を申し込んだ方が良いでしょう。

団体旅行にかかる経費は、福利厚生費として計上することができます。また、計上する際には参加する社員全員に平等に支払う必要があります。そのため、団体旅行をする際に欠席者がいないことが前提で行わないといけません。参加率が低かったり、一部しか参加しなかったりしてしまう場合は、福利厚生費として計上ができなくなってしまいます。ですので、団体旅行として経費を計上するためには、50%以上の社員が参加しないといけません。参加しなかった人に支給してしまうと、団体旅行の経費が給与扱いになってしまい、所得税が発生してしまいます。そういったことがないように注意して、計画を立てましょう。